スポンサーリンク

【アラフィフ】おすすめ若返りトレーニング法

trainingこんにちは。yasuho快帆です。

アラフィフになってくると若い頃とはやっぱり違う身体の衰え…

心は若いままのつもりでも身体はメンテナンスが必要になってくると思っています。

アンチエイジングは様々なやり方や好みがありますが、私が取り入れてるものの1つ、加圧トレーニングというものを今日はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

加圧トレーニングって何?

park

加圧トレーニングはWHO医師、医学博士でありボディビルダーだった佐藤義昭さんが発明したトレーニング法で、腕の付け根や足の付け根に専用のベルトを締めて、その人に合った適切な強さにして血流を制限した状態でトレーニングをすることで効率よく筋力アップできる方法です。

以前に女優の藤原紀香さんや釈由美子さんなどがされていて流行ったよね!

スポーツ選手も短期間で肉体改造できるトレーニングとして使ってたりするらしいよ!

寝たきりの方のリハビリにもなるから病院で使われている所もあるのよ。

筋力アップといえばキツイトレーニングを毎日何時間もしないといけないと思っていませんか。

目的によってはキツイトレーニングも必要になりますが、一週間に2,3回でできる筋力アップなら時間もかけずに効率的で気持ちの負担も少ないですよね。

加圧は血流を締め付けて腕や脚に血液をため込んでトレーニングし、ベルトを外して一気に血液を流します。
そうすると、加圧前より血液がより流れるようになり、これを繰り返すことで様々な効果が得られるのです。

training

加圧で期待できる効果

body

①血液が増えて新陳代謝が活発に

加圧ベルトをつけるのは動脈と静脈の両方を締めれる腕と脚の付け根の部分、ここが効率よく血液を制限することができます。

加圧で血流を適切に制限すると、一時的に血液が減少した状態になり脳から血流を増やすように指示され血流量が増えて血行がよくなります。

その結果身体の隅まで血液が流れ酸素も運ばれ新陳代謝もアップします。

②血管の弾力が増す

ベルトで圧をかけることで血管は血液を溜め込めるように拡張したり、一時的に血液量が減るので強い力で血液を送り出せるように活発に収縮します。

血液が一気に流れることによって老廃物も流れ、収縮することで血管の弾力が増したり、新しい血管が生まれたりして血管が若返ります。

歳とともに血管は硬くなり高血圧、動脈硬化、脳卒中にもなりやすくなるので、血管の若返りも嬉しいですね。

③成長ホルモンがアップし若返り

加圧していると血流が制限されるため筋肉内に乳酸が増え、脳の下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンには免疫力の強化、脂肪の減少、骨密度の上昇、けがなどの回復、そして若返りです。そのため肌ツヤが良くなったと言う人も多いんですよ!

成長ホルモンは成長期を過ぎると分泌量が減ってくるので、運動しながら細胞の若返りができるなんて一石二鳥です。

④短期間でも効果は大きい

加圧のために血液が一時的に少なくなり必要な酸素が足りなくなります。これは大きい負荷の運動と同じ状況をあえて作っているということ。

適切に加圧して運動するとこのことによって乳酸がどんどん溜まる。これは加圧しない時に比べて最大2倍という結果があります。

乳酸は成長ホルモンを分泌させ筋肉を増やし筋力(速筋、遅筋)を強化し、それが全身にも及ぶため加圧していない腹筋や背筋にもいい効果があると言われています。

⑤疲労感が少なく回復も早い

負荷の大きい激しいトレーニングをすると筋肉や関節に痛みが出たり回復に時間がかかったりすることも多いですが、

加圧トレーニングは人工的に負荷をかけることで時間も少なくてすみ、その結果疲労感も少なく、成長ホルモンや血流を促すことによって回復も早くなります。

なので普通のトレーニングよりも高頻度で行うことができ、関節へのダメージが少ないことからけがや病気のリハビリにも向いています。

Document Moved

私の実感

上記以外にもうつ病やリュウマチ、歩けるようになったりがん予防など他にもたくさんの効果が期待できる加圧トレーニング

私は加圧トレーニングの先生からベルトをお借りして家の近くで加圧ウォーキングしています。

脚の付け根にベルトを巻いてウォーキングして、外してまたウォーキング

ベルト

1日何万歩も歩かなくても脚だと15分の運動でいいので負担なく続けられ、成長ホルモンのおかげかお肌の調子もいいし肩こりがマシになってる気がしています。

加圧トレーニングは注意点として次のことが挙げられています。

腕と脚を同時に加圧してトレーニングを行わないこと
1かいの加圧時間は、腕は5分、脚は15分以内
トレーニングは週2回まで、必ず2、3日あけること
加圧トレーニングの前後に、準備運動と整理運動を行うこと
食後1〜2時間は加圧トレーニングは行わないこと
加圧トレーニング後30分以内に食事はしないこと
加圧トレーニングは自然に呼吸しながら行うこと
できるだけゆっくりとした動作で行うとより効果的

加圧トレーニングは専門の資格保有者の指導により、その人に合った適切な加圧のトレーニングです。器具の購入もセミナーを受ける必要があります。最寄りのトレーニング支部を検索し直接お問い合わせくださいね‼

今回アドバイスいただいたのは大阪西区カイロプラクティック院長

こちらはサッと読めてわかりやすい加圧トレーニングの本です。

これからもアンチエイジングのために続けていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ステキな一日を☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました